印鑑に関すること

印鑑はもともと印の鑑のことです。
しかしいまは印鑑もはんこも同義語として使われていますね。
印鑑は中国から伝わったといわれています。
昔は戦国武将等が書状に自分のものだという証明に押印したもので。
この印のことを印影と言います。

 

印鑑・はんこはいまや日本独自の発展を遂げました。
印材は木や水牛、象牙等があります。
象牙はワシントン条約等で規制されなかなか手に入らなくなりましたね。
値段も結構高いです。主に実印に使われています。
今ではプラスティックとかゴム印もありますね。
通常は印鑑は朱の印泥につけて紙等に押印します。
印鑑・はんこは日本の文化ですね。
サインもありますがあまり実用化はされていません。
宅急便等の受け取りの時に受領の証しとして印を押していますね。
もう日常に溶け込んでいます。
いまはシャチハタ印が広く使われています。
これはゴム印で朱のインクをしみこませてあり、何10回も使えます。
ちょっとしたときに使うのに便利です。

 

印鑑はやはり銀行等の金融機関に多く使われています。
銀行はこの印はこの人の証しということの照明です。
そのためまねのしやすい機械掘りとかゴム印は採用しない所もあります。
銀行と取引をするときには、印鑑は必需品です。
それを自分だということを届けるのです。
そしてお金を下ろすときにはその印影を見て、銀行員が照合して、これは間違いはないと確信して、
お金を下ろしてくれます。
この照合にもちょっとしたコツがあります。
もし偽造の印鑑で下ろされますと、銀行は2重払いになることがあります。
したがって慎重に照合することが肝要です。

 

また印鑑の中でも実印といわれるものがあります。
これには法律があります。大きさも決まっています。
あまり大きいものや小さいものは不可です。
この印間は区役所に登録します。一人で1個です。
この登録された印を実印と言っています。
主に法律上の手続きの時に使われています。
これに印鑑証明書をつけることがあります。
印鑑証明書は区役所で出してくれます。
土地の売買等に利用されます。
また銀行の貸し出しの時にもやはり実印取引です。
実印はそれだけ重要な印鑑なのです。
会社にもやはり実印があります。
これも公の取引の時に使われています。