印鑑についてのあれこれ

 時代が変化しても日本においては印鑑の重要性が衰えません。印鑑は重要な書類を書いたり、あるいは重要な手続きや契約をしたのが本人であることを証明する大事なツールです。あえてグレード分けするなら印鑑登録をした実印、銀行などに届け出た印鑑、認印、そしてシャチハタに代表される簡易な印鑑という順になるのでしょうか。
 実印は昔は象牙が主流でした。しかし象牙が簡単に手に入らなくなり、次第に木製の物が中心になってきました。役所で印鑑登録をしますが、実印を押す時というのは重要な場面が多いのでやや緊張するという印象があります。
 銀行などに届け出た印鑑は少し厄介です。というのは昔は銀行などの通帳には届出印が隅に押されて、ビニールのカバーが付けられていました。ところが最近はセキュリティーのため通帳には届出印が押されていません。万一カードを紛失したりした場合に届出印が必要になってきます。ところが通帳には押されていないため、複数の印鑑がある場合はどれが届出印なのか分からなくなるのです。少し前に口座の解約で銀行の窓口に行った時、届出印が分からずに仕方なく印鑑の紛失届から手続きを始めたことがありました。それがあったので最近は印鑑を入れてあるケースに、この印鑑はどの銀行の届出印かを書くようにしています。若干セキュリティー面で問題はありそうですが、分からなくなって困るよりマシかと思っています。
 認印は自宅にはもちろんありますが、毎日出かける時に持って行くカバンの中や、会社の引き出しの中にもあります。特にカバンの中に入れてある認印は重要です。何時どんな場面で印鑑が必要になるか分からないからです。先日も息子が役所で急に印鑑が必要になったので、近くにいた私が持って行ったことがありました。それ以来息子にも認印は携帯するように言ってあります。
 また会社の登記の時jに実印は必要になります。最近流行りの合同会社設立の時などです。
 最後にシャチハタは便利です。何と言っても朱肉がいりません。しかも印影が鮮明です。しかし重要な場面では使えないというディメリットもあります。
 このように日本人であり限り、印鑑とかけ離れた生活はありえません。