実印作成即日ナビ|じつなび

ハンコにまつわるエトセトラ

ハンコにはどのような種類があるのかご存知ですか?実印、認印、銀行印、三文判、シャチハタなどの名称を見聞きしたことがあると思います。
まずは良く見聞きするシャチハタ。スタンプ台のいらない、押せば捺印できるあれです。これはハンコの種類の名称ではなくハンコを作った会社の名前です。
次に実印。実印とは、住民登録をしてある市区町村の役場に自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し受理された印鑑のことを言います。この印鑑登録にはシャチハタに代表されるインク浸透タイプのハンコは申請することができません。印鑑登録されたハンコ=実印はハンコの中で一番重要なハンコで、法律上や社会上の権利及び義務の発生を伴います。実印に登録できるハンコは姓のみでも名のみでも姓名の両方でも構いませんが、姓名両方のほうがより安全ではあると思います。印鑑登録はほとんどの自治体で15歳からできるようですが、未成年の場合登録前にきちんと自治体の情報を確認しておいたほうが良いでしょう。
次は認印についてです。認印は実印以外のハンコのことを指す言葉です。ですので、先のインク浸透タイプのハンコも認印として使うことができます。認印の効果は「目を通しました」「認めました」という確認のためのものです。ですので、ハンコそのものの名称というよりは、印鑑の種類ということになります。認印には、実印ほどの印鑑と本人を結び付ける効力はなく、また効果もありません。
では次に銀行印についてです。銀行印は、その名が示す通り銀行に登録してある印鑑のことです。この銀行印と実印とは分けて登録する方が安全でしょう。
では、三文判とはどのようなものでしょうか?これは、一般的には出来合いの比較的安価なハンコのことを指します。100円ショップや文具店に並んでいるようなハンコですね。この三文判は、認印として宅配の受領印として押したり書類の確認印で押したり、はたまた印鑑登録をすることによって実印になったり、銀行に登録して銀行印になったりするのです。が、出来合いのハンコなので同じものが出回っていたりします。そういったハンコを実印や銀行印として登録するのはお勧めできません。
最後に同一視されがちな印鑑とハンコの違いについてです。印鑑とは捺印した時に書類に残る印影のことです。ハンコとは印章のことです。